読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と空と

山に行ったお話や、道具、写真、日常など

日本百名山・30座目は伊豆の天城山へ

GWに立て続けに2回登山に向かったのですが。

その記事はこちら。

yamasora.hatenablog.jp

yamasora.hatenablog.jp

 

という訳で、2016年5月の3回目の山行は、またまた百名山へ行ってきました。
今回は・・・天城山です!

個人的には、伊豆半島にあるとか、天城越え天城峠だったっけ、、、くらいのイメージしかなかったのですが。伊豆唯一の百名山を目指します。

ところで、天城山には「天城山」とそのものの名の付く山はないんですね。連山の総称で、最高峰を万三郎岳と言うのだそう。詳しくはWikipedia参照でm(_ _)m

天城山 - Wikipedia

 

今回も新幹線を使わず、普通電車で向かいます。
2016/5/21(土)5:20の始発の東京駅発沼津行きに乗車し、三島7:22着。遠いですが、寝ていれば着きますしね。グリーン車に乗って寝てました。登山バスより相当快適です。

そこから、伊豆箱根鉄道駿豆線7:34発に乗り、終点修善寺には8:09着。

さらに8:15発のバスに乗ると8:58に天城峠に到着します。

現在の天城トンネルが通っています。

この案内のある、トンネル横の登山口から登っていきます。

10分ほど歩くと、旧道の天城山隧道があります。川端康成の「伊豆の踊子」、松本清張の「天城越え」で有名。現在は国の重要文化財に指定されています。

天城トンネル - Wikipedia

更に登っていくと天城峠があります。昔からの「天城越え」はここではなかったようです。
天城越え - Wikipedia

少しずつ高度を上げていきます。
下にわさび田が見えます。

新緑が美しい。

馬酔木でしょうか。

見晴台へ。八丁池が見えます。

西の方を見ると海が。天気が良ければ富士山も見えるようですが・・・

八丁池のほとりでお昼をいただきました。天然の芝生になっていて気持ちが良いです。

再び林の中へ。アップダウンの少ないトレイルコースが続きます。

ミツバツツジ

ヘビブナ。グネグネと曲がっています。


天城山の主峰、伊豆半島の最高峰の万三郎岳に到着。展望はないです。

三角点タッチ。

アマギシャクナゲも咲いていました。

こちらは万二郎岳。手前の登りで眺望があったのですが、山頂はまたまた木に囲まれています。

そして下山。お疲れ様でした。東急天城ゴルフコース脇にでます。

今回は距離にして約17km、所要時間は休憩込みで8時間でした。

なお、帰りは17:40発のバスで伊東駅へ行き、そこから18:44東海道線で東京20:58着でした。

 

なお、ピンバッジはゴルフ場のフロントで購入可能です。(確か2種類だったはず)

 

それほどの高度差はありませんでしたが、都内から移動に時間がかかること、ロングコースの最後に最高峰の登りが待っていることから、結構疲れました。。

 

これで、やっと日本百名山の3割を制覇しました!
どんどんアクセスしやすい山が減っていきます・・・・(^^;

 

《今回の機材》 

 OLYMPUS PEN Lite E-PL6 ほか