読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と空と

山に行ったお話や、道具、写真、日常など

バーナー・クッカーの軽量化

山を始めて7年目。

山道具は、おそらく初めは初心者で何を買っていいか分からず、とりあえず安いものから始めると思います。
そしてハマっていくに従いより軽くて高機能なものにランクアップ、そして目的に合わせたものを買い足していくといった感じでどんどんお金がかかっていきます。。そうしてどんどんドツボにハマっていく訳ですが(苦笑)。

今回は衣・食・住の一角である食のために必要なクッカー、バーナーの見直しを行いました。

左側がこれまで主に利用していたものです。右側が軽量化セット。


プリムスの定番バーナー・P-153と、こちらもまた定番と思われる、ライテックトレックケトル&パンです。
ガス(OD缶)には最初に使った日をぺんで書き込んでいたりしますが…こちらも定番のパワーガスIP-250Tです。

十分以上の火力と鍋と小さいフライパンとして使えるクッカー、ノーマル・パワー・ウルトラと選べる250缶ということで、幅広く利用できます。バーナーとガスが中にしまえるのも魅力的です。

重さはというと、、、
 P-157 143g(収納袋込み)
 ライテックケトル&パン 288g(収納袋込み)
 IP-150T 約375g
→合計 806g

 

PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー

PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー

 

 

PRIMUS(プリムス) ライテックトレックケトル&パン 【日本正規品】P731722-QJ

PRIMUS(プリムス) ライテックトレックケトル&パン 【日本正規品】P731722-QJ

 

 

そして、 今回ずっと買いたかったP-115バーナーを購入。

プリムスのロゴが変わりましたね。シンプルな書体の文字だけのロゴに切り替わっています。こちらはイグナイター(点火装置)込みで実測58gです。前モデル(P-114)はイグナイターを取り外してさらなる軽量化ができたはずですが、こちらは取り外しできなさそうですね。

バーナー自体もふたまわりほど大きさが違います。なおP-153は3,000m級の場所では点火しにくくなってきましたので、ライターも持ち歩いています。イグナイターはこちらは交換可能なので、より点火しなくなってきたら検討したいと思っています。

こちらはアルテックポット0.6Lと小型のOD缶のIP-110と組み合わせてみます。
アルテックポット0.6Lはホームページではなぜか見当たらなくなっていますね。販売終了なのでしょうか。

重さは、
 P-157 65g(収納袋込み)
 アルテックポット0.6L 175g(収納袋込み)
 IP-110 約215g
→合計 455g

 

という訳で、重さでは 806 - 455 = 351gの軽量化に成功です!

 

  

PRIMUS(プリムス) アルテックポット0.6L  P735000【日本正規品】

PRIMUS(プリムス) アルテックポット0.6L P735000【日本正規品】

 

 

体積的にもだいぶ減ったと思います。

351gの軽量化にどれだけお金をつぎ込むのかというところはありますが…、
たかが351g、されど351g。山道具では少しずつの積み重ねが必要だったりするんですよね。

 

ただ、しばらくは厳冬期用に250gのウルトラガスを使う予定なので、重い方のセットで山へ出かけたいと思います。
夏場の日帰りや1泊であれば軽い方で問題ないですね!