読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と空と

山に行ったお話や、道具、写真、日常など

厳冬期の西穂独標(前編)

冬山ってほんといいものですね!

今年は暖冬と言いながらも過去最強の寒気が入り込み、故郷である沖縄本島でも初めて雪(みぞれ)が降ったと話題になっています。

まだ暖冬と騒がれ寒さが実感できなかった1/16-17に、穂高で晴天予報が出ているのを確認し、早速北アルプス・西穂独標へ向かいました。

朝7時ちょうどのスーパーあずさ1号で松本へ向かい、バスを乗り継ぎ、13:16に新穂高ロープウェイに着きました。新宿から6時間以上掛かりました。


ここからロープウェーに乗り込みます。

shinhotaka-ropeway.jp

第1、第2の2つのロープウェイがあり、上部の第2ロープウェイはなんと2階建て。
2階はアジアの観光客で大人気でしたので、ガラガラの1階を選択。

どんどん高度は上がっていきます。

山頂の駅(西穂高口)を降りるとそこは完全な雪の世界。
ここまでは観光で来れるんですね。

ここから樹林帯を歩きます。

 

山荘直前は少し直登で急ですが、難しいところなく1.5時間ほどで山荘に到着。

西穂山荘

山小屋前には大きな雪だるま。

RICOH THETA Sでの全天球ではこんな感じ。(翌日撮影しています)

西穂山荘にて #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

今回はテント泊なので、テン場の雪を整地し、テントを張ります。
そして厳冬期用シュラフの中に篭りながら夕飯、早めの就寝。。

到着時は景気も全くだめでしたが、夜には星空が。。

そして、オリオン座もばっちり。

 

寒さと戦いながら、うとうと眠りにつくのでした。。

 

いよいよ独標へ。後編はこちら。

yamasora.hatenablog.jp

 

≪今回の撮影機材≫

 

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720